2018年7月9日月曜日

7月8月の予約状況やご予約方法のお知らせ

いつもドールズに来て頂いているお客様、そして行ってみたいなと考えて下さっているお客様へ。

いつも2人で営業しているドールズ ですが、8月の半ばから約1〜2週間、初めての1人営業となります。というのも、山本がわけあってお休みを頂かなくてはならなくなってしまいました。


<ドールズの8月の状況>

12日〜16日 dolls夏休み頂きます。
17日〜26日 上條1人営業
27日〜    山本試し運転しながらの2人営業開始。

<山本の予約受付>

〜8月11日まで受付可。
8月27日(月)10時より、お電話にて予約受付再スタート。
番号は09061858409ドールズまで。
メールでのご予約も可能ですが、お電話の方が1回のやり取りで完結するのでスムーズかなとおもいます*メールはdolls.kayo@gmail.comです。

※予約のキャンセル枠や予約に関しての最短状況はTwitterにて流しております。
こちらで確認頂くのがおすすめです。
上條https://twitter.com/kj_parisian
山本https://twitter.com/dolls_kayo


 
上記理由から、只今ご予約が大変混み合っております。
ご新規のお客様の最短での受付も9月頃になってしまいます。申し訳ございません。。
来て頂くお客樣方にも、いつもよりお待ち頂いたり何かとご不便が有るかもしれません。。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。


dolls
09061858409



2018年7月6日金曜日

髪と人と谷中 vol.22 おおのぴんさん

谷中界隈にゆかりのある大野景子さん(以下おおのぴんさん)にモデルさんになっていただきました。おおのぴんさんは、根津でNaCaSa(ナッカーサ)というお店をしていらっしゃいます。居酒屋さんなので普段は夜の営業のおみせですが、撮影もかねまして、ナッカーサにお邪魔してまいりました!



dolls  ←→ おおのぴんさん
 Q             &            
 Q  谷中(谷根千)に住んで何年目ですか?
かれこれ10年目です。 
 Q  谷中の好きな場所(何個でも)はありますか?
 A初音小路。
みかどパン店とヒマラヤ杉のある、Y字路。
 Q  dollsにいらしたきっかけは?
 A可愛いお店だなあと思って覗いてみたら、とっても素敵なお二人がやられていたので♡
 Q  好きな映画はありますか?
 Aブルース ブラザーズ、ペーパー ムーン、雨に唄えば、タンポポ。
 Q  好きなミュージシャンはいますか?
 Aはっぴいえんど、忌野清志郎、Sade、
Grateful Dead、矢野顕子、フィッシュマンズ、赤犬。他にもいっぱいいるのですが、とりあえずこれくらいで笑
 Q  お好きな食べ物はなんですか?
 Aタマゴサンド、鳥の唐揚げ、カレー、お寿司。
 Q  “大野ぴん”の由来は?
 Aたしか、誰かが呼び始めたのがきっかけで、、、笑 
知らないうちに定着してしまいました。
 Q  “なっかーさ”の由来は?
 Aなっかーさは、さかなを逆さに読んだだけで、なかさよりも、なっかーさの方が響きが良いかと思いまして、、はい。
後、お魚料理が多いのと、酒の肴が色々あるので。
 Q  今後、挑戦してみたい髪型はありますか?
 A子供が生まれてからは、ずっと短めだったので、ロングヘアーのストレートとか憧れます。

************************

以上Q&Aでした!

私達がお店をオープンしたてのころからずっと通って下さっている大野さんでしたが、日常をほとんど知らず、ドールズの室内以外でお会いしたのがはじめてでとても楽しい撮影となりました。撮影中歩いていたら、大野さんがいちじくの実がなっていることに好反応しておられて、季節とともに生きているかたなんだなとおもいました。素敵です。
店内には変わった植物が飾ってあったり(平沢剛生花店でおかいあげしたそうです)、はっぴいえんどが流れていたりと、大野さんの好きなものがあつまったような空間でとっても良い感じのお店でした。ちょいと一杯引っ掛けたいところでしたがぐっとこらえて、、ゆっくり夜にお邪魔したいです。NaCaSaのお隣の一二三(ヒフミ)さんという美味しいお惣菜屋さんが最近店じまいをしたことをとても残念がっていました。谷中、根津、千駄木界隈には、おおのさんや私達のように個人で商売をしている方が多いですが、ご高齢で締められてしまうおみせもちらほら。寂しいです。若い衆が頑張って行かねばと気合いが入りました。
好きな映画にあがっているブルースブラザーズがとても気になります。
youtubeですこしみれました。かなり陽気な名作のようですね。西日暮里のツタヤさんには置いてなくてざんねんです、、

髪型のこと。
おおのさんにはほとんどいつも髪型をおまかせ頂いています。
初めて会ったときはボブくらいでしたが、どんどん短く、、(^^)
ロングヘアーに憧れていらっしゃるとのことですが、ドールズのスタッフは切るのが大好きなので、ロングヘアとほど遠いままになってしまう可能性が、、、、、。
黒髪のショートカットがとっても良く似合っておられて毎回切るのがたのしみです*


おおのぴんさんありがとうございました**




「髪と人と谷中」
 谷中の小さな美容室ドールズより、髪と人と谷中のご紹介です。これまでにドールズで展示をして頂いた作家さんをはじめ、お世話になった方々にモデルさんになってもらい、谷中で写真を撮っています。髪の毛の担当はドールズです。この企画を通して、自分たち自身が、よりドールズらしさに気付けたらいいなとも思っています。お世話になっている方のご紹介をしながら、本屋さんで売っているカタログのような作り込んだスタイルだけでなく、日常の感じや、時にひょうきんな感じや楽しさなど出したかったのと、谷中が大好きなのと、その気持ちを全部合わせて残していこうと思い、撮りはじめました。細々とでも継続していこうと思っています。


髪と人と谷中の写真:後藤洋平さん。
男性の方に撮ってみてもらいたいな、、と思っているタイミングで、お知り合いになり、彼の写真がとてもすてきだったのでお願いしました。
ホームページhttp://yoheygoto.com



ドールズ
09061858409




2018年6月22日金曜日

金工作家 望月若子さんの展示のお知らせ



金属の移ろい

7月1日〜29日
(新作シリーズ 1日〜14日)
(定番シリーズ 15日〜29)
※会期中の月曜日と3日火曜日はおやすみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真鍮を中心に、金属を用いてものや形をつくりだす望月若子さんの展示販売を致します。
その時、折々の感性で生まれたものは、時にシンプルなものであったり可愛いものであったり不思議なものであったり。dollsでは以前にも何度か展示して頂いておりますが、毎回わたしたちもどんなものと出逢えるか楽しみです。

会期中の前半が新作シリーズ(ピアス イヤリング ブローチ スプーン等)
後半が定番シリーズ(ピアス ブローチ バングル等)
とがらりとお品をかえて展示いたします。

若子さんの作り出す、金属の移ろい。
ぜひ見に入らして下さいませ。

望月若子さん
http://mokumokuwakako.tumblr.com


※営業中の美容室での展示販売となりますが、どなたでもご覧ご購入が可能です。
自由に入って来て見て頂き、御用の際はスタッフが空いたタイミングで対応させて頂きます。



dolls
東京都台東区谷中3-13-1
平日 11:00−21:00
土日 9:00−19:00
090-6185-8409

2018年6月17日日曜日

6月のお休みのお知らせ


6月のdollsのお休みは、毎週月曜日と19日の火曜日です。
何卒よろしくおねがいいたします。

湿気などで髪の扱いが難しくなってくるこの季節ですが、そんな時こそドールズのドライカットの成果が発揮される時。
ただ乾かしただけで成立する髪型をなるべくご提案できたらなと思っています。なんでもご相談くださいませ*






谷中dolls
09061858409


2018年6月15日金曜日

夏のスパオイル届いています*

3ヶ月ごとにリニューアルするdollsヘッドスパの香り。
6ー9月まで夏バージョンになります。

今回は
1、湿気が苦手な人のためのもの
2、夏の冷房が苦手な人のためのもの

こちらを田代さんにオーダーしました。
ちなみにこの2つのテーマは、私達自身がつねづね苦手としているものだったりもします。

作って頂いたのがこちら↓



 
1 湿気に負けないにおい






2 冷房苦手な貴方へ










































2つともはっとさせられてしまうような心地よい香りでした。
夏こそ頭皮ケアは必要ですので、未体験の方も是非是非挑戦してみていただけたら嬉しいです。

ドールズ ヘッドスパ 2000円+税


谷中ドールズ09061858409





2018年5月13日日曜日

第3回屋根裏シアターのご案内

谷中に住むみなさまが、歩いて行ける映画館
もちろん遠くの人も、近くの人も、
どなたでも◎
息抜きに、娯楽に、非日常に。
きっと楽しい。
みなさまお待ちしております!
※予約制です

その名も
屋根裏シアター

第3回上映作品
ローラーとバイオリン
1965年 旧ソ連 46分
監督 アンドレイ・タルコフスキー
配給 パンドラ


バイオリンを習う男の子と、ローラー車を操縦する労働者が友達になるお話です。
アンドレイタルコフスキーが、大学の卒業制作で作った作品とのこと。
階級も年齢も超えた友情、そして、『映像の詩人』と呼ばれるタルコフスキーの映像美
、ぜひご覧くださいませ。



●とき
2018年6月3日(日)
      10日(日)
      17日(日)
      24日(日)

デクノボー喫茶さんがやってくる日

●ところ
谷中の小さな美容室ドールズの屋根裏
(つまるところドールズの2階です、、、)

●お値段
1000円 お土産付き

●上映時間 20時30分開演
     (20時会場)



デクノボー喫茶は、茶を喫(の)むことをデザインするユニットです
ものを口にする、ということは、その場所やその相手を受け入れることです。
人となにかの間に生み出される「飲み物」そしてそれを飲む行為を媒体として考え、いつも、嬉しくなる美味しさを求めて飲み物を提供しています。それは、その場により本質的な相互性を生み出せるようにという気持ちです。
デクノボーとは宮沢賢治がなりたいと記していたもので、わたし自身そのようなものを目指して活動しています。主役ではなく、最高の脇役を目指しています。161cm、身軽です。
デクノボー喫茶 しばたゆきより


ご予約方法
1お名前
2お電話
3人数
4希望日
以上4点ご記入の上、
yanakaeigabu@gmail.com
までメールをお送りください。
送信後、3日以内にこちらからの返信がない場合、メールが届いていない可能性がございます。その際はお手数ですが、dolls 09061858409 にお電話下さいませ。






・・・・・・・・・・
主催 谷中映画部
西端祐介 浅井陽子 遠藤 山谷 秋本衛志

谷中映画部とは、映画に興味がある人、これからもっと映画を見てみたいと思っている人たちで結成したサークルです。

第3回目となる今回は、あるお客様からこちらの映画を進めていただいたことがきっかけでした。この46分の作品の中に、数々の美しい名シーンが出てきます。この映画を進めてくれたお客様は、とあるシーンが、谷中の町と重なるなと思ったとのことでした。
そして、上映する6月は梅雨の時期ですが、タルコフスキーは水を使った演出も注目されている監督さんです。屋根裏シアターで梅雨感も感じられるかも?!

今回は、かねてより気になっていたデクノボー喫茶しばたさんも来てくださります!
上映の前や後に、映画とセットでお楽しみいただけたらと思います。
谷中の小さな片隅で、心地よい時間をみなさまと過ごせますように。








     

2018年5月9日水曜日

七五三 前撮りの記録


mちゃんの、七五三 前撮り。

お母様と、上のお姉様のrちゃん。

3人のヘアセットを担当させていただきました。

長く通ってくださる素敵な親子3人。

お母様 小津安二郎の映画に出てくる女優さんのイメージ
お姉さん リリコさんのイメージ
mちゃん 昔ながらの日本髪

セット後はご近所のケープルヴィルさんにて撮影なさったそうです!

お写真お借りしました。









とっても幸せな時間でした!



ありがとうございました。


谷中dolls
09061858409









2018年4月22日日曜日

三連休頂きます。


明日423日(月)から425日(水)まで、
おやすみをいただきます。
予約受付は426日以降でお待ちしております。
山本は山へ、上條は海へ行ってまいります!
おやすみありがとうございます。
何卒よろしくお願いいたします。
dolls09061858409



NUTOさんに撮っていただいた記念写真







2018年4月13日金曜日

NŪTOさんのアクセサリー展

4月に入ると、新しいことをしたい!
と、重かった腰を上げたい、そんな気分になる方も多いはず。

そんな気分にぴったりの
NŪTOさんのアクセサリー。

4月12日--5月6日まで展示販売いたします。
春のおさんぽついでにぜひ足を御運び下さいませ*

※美容室以外でのご来店ももちろん可能です。スタッフが手が空いたタイミングで対応させていただきます。





 NŪTOさんは、グラッフィックから派生する色や形を、アクセサリーで表現しています。素材は刺繍やアクリルなど。最近では陶芸で拵えることもあるそう。
細やかな作品ですが、カジュアルに気楽に使えるデザイン性で、私たちも最近毎日使っています。
そしてなんと、NŪTOさんのお母様も刺繍で作品を作っていらっしゃるとのことで、少し置いていただきました。
お二人とも本当に丁寧に作られており、つかい心地もとても良いです。


NŪTOさんページ

2018年3月22日木曜日

髪と人と谷中 vol.21 遠藤麻衣さん




























dolls  ←→ 遠藤麻衣さん
 Q             &           

Q お仕事は?
   俳優・美術家と名乗って、現代美術を作ったり、演劇に出演するなどして活動しています。たまにイラストも描きます。


Q dollsにきたきっかけ?
   院生の時に、同じ研究室の大絵さんにチラシをいただいたのがきっかけです。たしか、大絵さんがチラシのデザインとともに熱烈にオススメしていたような気がします...。それで、オープン前の無料(だったかな?)カット体験に来ました。


Q  谷中との思い出は?
 大学の入学とともに引越して、7年ほど住んでいました。旅ベーグルさんの近くに住んでいて、朝7時の開店と同時によく買いに行っていました。谷中に来て、初めて銭湯を体験したと思います。あさひ湯に行ったのですが、お湯の熱さに衝撃を受けました!あとは、大人がよく道端に立っているという印象で、交番の前のおまわりさんや、通学時の横断歩道の旗を持った住人の方など、すれ違うと挨拶が交わされるというのが、風通し良くて、とても大好きでした。


Q  いま最も興味があること?
   少し前からうずらを飼っていて、うずらのことに興味があります。古くから絵画で描かれていたりするので、うずらが描かれたものについてもそうですし、うずら自体も、なついたり意思疎通できる手応えはないと思いきや、行動が理解できる時もあったりして、興味がつきません。


Q 10年後になにしているとおもいますか?
   全然想像がつかないです。


Q または何をしていたいですか?
  そうですねー...何していたいかな、でも今想像がついていないことをしていたいです。


Q  谷中で好きなお店やスポットはありますか?
   やっぱり、dollsです。谷中の中で一番長く通っているお店です。


Q  すきなたべもの?
  パンです。


Q  いままでで1番こころにのこったお仕事?
  昨年10月末に発表した上演作品です。「アイ・アム・ノット・フェミニスト!」というタイトルで、結婚式を演じました。実の夫に協力してもらって、婚姻契約を作り式でとり交わしました。この作品のために、dollsでヘアカラーもしていただいたり...!その後夫婦生活を解消してしまったことで未消化なこともあり、心に残っています。
こちらは、作品を作っている時に鈴木みのりさんより受けたインタビュー記事です。ご覧いただけると嬉しいです。


Q  毎日の日課はありますか?
  2月末からウィーンにしばらく滞在しているので、日記をつけるのを日課にしようとしています。来るときの飛行機の中で、《ミッツ-ヴァージニア・ウルフのマーモセット》という小説を読んだのですが、ヴァージニアが毎日日記をつけないと一日を無駄にしたと思うと書かれていたことに影響を受けているところです。


Q  あなたにとっての髪の毛の重要度10点満点中何点?
   10点!頭に張りつく髪の毛の存在感は自分にとって大きくて、匂いや軽さや顔へのかかり具合など、髪の毛の状態で気分が大きく左右されるので、とても大事です。それに、うずら色にカラーリングしていただいたり、色で遊べるのは楽しいです。




***********

以上QAでした。

21回目となる今回から内容を少しリニューアルし、私たちからの質問に答えていただきながら、谷中界隈にゆかりがある人たちの魅力や町の魅力をご紹介いたします。



谷中の銭湯ですが、山本は江戸っ子気分を味わうためにたまに行くときがありますが本当に熱いです!でも帰り道はぽかぽかで布団に入るまで冷めません。
ちなみに上條は、のぼせるタイプのため、伺う事が出来ていません。。。いつか体験したいものです。

麻衣さんがおっしゃるように、歩いていると挨拶が行き交うのがこの町ならでは。のほほんとしていて、住み心地も働き心地もとても気に入っています。たしかに道に立ってる人よく見る!と思いました。植物や虫の気配が多いというのも理由のひとつかもしれないですね。


今回のヘアスタイルは、留学を控えていた麻衣さんが美容院になかなか行けないときの為に、ある程度崩れないボブスタイルをご提案しました。カラーは麻衣さんご希望のウズラ色に。とてもユニークなオーダーを受けてとても楽しくカラーリングしました。また、伸びても気にならないように根本に向けて暗くしています。


ヨーロッパには斧で髪を切るアーティストや、1人のカットに3時間かけるアーティストなど、美容師さんの個性がはるかに日本よりも多そうなので、
留学から戻った麻衣さんの髪型はもしかしたらすごいことになっているかも!!!?

美術家としての麻衣さんは、いつも平然と意表を付くような取り組みをしていらして、私達はつねに注目しています。これからの制作活動も見逃せません*

麻衣さんありがとうございました**






髪と人と谷中とは



2018年3月20日火曜日

第2回屋根裏シアターのご案内

谷中に住むみなさまが、歩いて行ける映画館
もちろん遠くの人も、近くの人も、
どなたでも◎
息抜きに、娯楽に、非日常に。
きっと楽しい。
みなさまおまちしております!
※予約制です

その名も
屋根裏シアター

第2回上映作品

その1
「四月物語」
1998年 日本 67分
配給 ロックウェルアイズ
監督 岩井俊二
主演 松たか子 田辺誠一
・とき
2018年3月24日(土)→受付終了
     4月 1日(日)
        7日(土)
       15日(日)
・ところ 谷中の小さな美容室dollsの屋根裏
東京都台東区谷中3−13−1(つまりはdollsの2階です..)
・¥1000円 お土産付き
・上映時間 各回20:15開演(20:00会場)



その2
「あん」
2015年 日本 113分
配給 エレファントハウス
提供 新日本映画社

監督 河瀬直美
主演 樹木希林 永瀬正敏
原作 ドリアン助川

・とき
2018年3月25日(日)
       31日(土)
     4月 8日(日)
       14日(土)
・ところ 谷中の小さな美容室dollsの屋根裏
東京都台東区谷中3−13−1(つまりはdollsの2階です..)
・¥1000円 お土産付き
・上映時間 各回20:15開演(20:00会場)


    

ご予約方法
1お名前
2お電話
3人数
4希望日
以上4点ご記入の上、
yanakaeigabu @gmail.com
までメールをお送り下さい。
送信後、3日以内にこちらからの返信が無い場合、
メールが届いていない可能性があります。
その際はお手数ですが、dolls 09061858409
にお電話下さいませ。


///////////////////////////



主催・谷中映画部
 西端祐介 浅井陽子 遠藤 山谷 秋本衛志

谷中映画部とは、映画に興味が有る人、これからもっと映画を見てみたいとおもっている人たちで形成されたサークルです。
最近メンバーが1人増えて5人になりました*
第2回目となる今回は、春に観たい映画を選ばせて頂きました。映像の美しさに加え、役者さんというお仕事の意味もとても感じる作品です。
一度みた事が有る方も、お花見帰りの谷中銀座にて、再度観るのも楽しんで頂けるかな?
そんな期待も込めながら、、、。
皆様のご来店楽しみにお待ちしております。
映画部で作成したチラシを谷中のあらゆるお店にて配布しております。
そちらもチェックしてみてくださいね*
映画部メンバーも募集中です*